上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

今回の世界的金融恐慌による不景気は、100年に1度と言われている。



100年に1度だから、経験せずに人生を送った人もいるだろう。



今まさに真っ只中に生きているボク達は、とてもじゃないがラッキー…とは言えない。



しかし不景気だからこそ、どの企業も知恵を絞り、低コストで良質の商品やサービスを提供しようとする。



ある大阪の企業の社長が、面白い事を言っていた。



『日本は市場を育てる農耕民族的発想に対して、欧米は企業買収に代表される狩猟民族的発想である』
だそうだ。



日本でも最近M&Aは頻繁に行われているが、そんな中でも経営者の根底には農耕民族的発想は生きているとボクは思う。



またある社長はこんな事を言っていた。



『不況に打ち勝つ為に必要なのは、エンターテイメント性』



エンターテイメントとはもてなしとか楽しませるという意味だが、そもそもEnter(入口)tainment(とどまらせる)というような意味合いだろう。



ボクらは常におもてなしの心(ホスピタリティ・マインド)を持った、エンターテイナーでなければならないって事か…。



ってなことを一人で妄想してたら、かなりの時間が経ってしまった。



さぁ明日も頑張るぞー!!


スポンサーサイト
|03/12| 未分類| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。