上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
こんばんは!!



17日は猫に会いに行ってきた。



手術前の検査である。



検査では、
血圧測定で腕を締め付けられ、血液検査でたくさん血を抜かれ、肺活量測定で息をたくさん吐かされ、胸部X線撮影で胸の写真を撮られ、おまけに尿検査で尿を搾り取られて大変だった。


検査前に、猫から手術の説明を受けた。



手術をした当日から歩けるそうだ。



HPを見てそれを知っていたが、わざと驚いてみせた。



猫は得意になってしまい、『しまった!』と思った時にはもう遅かった。



はっきり言って大失敗である。



おかげで、内視鏡の仕組みまで分かってしまった。



しかし猫の良い所はこういう所なのである。



説明は丁寧で分かりやすく、こちらの知りたい情報を把握していてきちんと教えてくれる。

20090221021220


スポーツ復帰まではどのような過程なのか。
この手術のメリット&デメリット。
ボクにはどの治療、手術が合っているか。



猫が営業マンだったら優秀な営業マンだろうな。(手術をして金儲けをしていると考えたら、医師も営業マンなのかもしれないが。)



今まで診療科を問わず数々の医師に出会ってきたが、猫は良い医師だと思う。



良い医師だと思うからこそ、今まで避けてきた手術を、猫の手を信じて身体を預けようと思ったのである。



テニスコーチも一人一人に合ったアドバイスや、接し方、話し方、配球がある。



盗めるところがたくさんありそう♪


スポンサーサイト
|02/19| 未分類| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。