上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |

歳をとりました。



沢山の人に祝ってもらい、感謝感激です。



何歳になったかって?



三十路まで「一向聴」と言えば麻雀好きな方は分かるでしょうか。(ボクはそこまでやらなけど)



最近考え方が少し変わった。



今までの自分は『夢』という言葉を軽々しく使っていた気がする。



夢と目標の意味は全く違う。



決して夢を否定する訳ではないが、夢を実現するために現実的な目標、更には日々の行動に落とし込めているならば良いが、そうでなければ軽々しく使う(ましては他人に公言する)のはいかがなものかと思う。



何故ならば言ったことには責任の二文字が付き纏う。



無責任に公言して許されるのは10代までだろうか?



ボクは30代からが自分の人生の本番だと勝手に思っている。



夢ばかり追いかけて現実的な目標がない、行動をしないなら、本番前に見切りを付ける事も賢い選択かもしれないし、そういう人間には引導を渡してやるのも優しさなのかもしれない。



しかし!



仲間と夢を語るのは楽しいものだし、ポジティブになれる最高のテクニックだと思う。



自分の中で使い分けが出来れば良いのかな。


スポンサーサイト
|10/24| 未分類| |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。